高橋喜和子の日記

高橋喜和子(21歳ニート女優、それなりに健康)が楽しいことを書く日記です。

ひとりぼっちのみんな、始まってるよ。

 

毎日書くって言ったのはどこのどいつだよ。と思っている。

 

忙しさを言い訳に日課を欠かすのは良くない。良くないことをしている。良くないことはしてはいけないので反省する。ちーん。

 

ユニットを立ち上げた。ひとりぼっちのみんなという名前。名前を考えているときはちょうどひとりぼっち惑星が流行っていた時期だったから共同代表の伊藤香菜(い とう か なだからいかちゃん。以下いかちゃん。今後いかちゃん。)にそこらへん大丈夫かな、と聞いたらなにそれ?と言われたので、あ、大丈夫だわ、と思ったのでこのままにした。

 

出てくれるのは、私といかちゃんが、いいなーと思った女の子たち。みんな前途多難だ。私もいかも。女の子たちも。でも、強い女の子たちを呼んだ。

 

いざ、いざという時には、誰も助けてくれない。それは別に世間は実はめっちゃ冷たいぞ!とかそういうことじゃなくて、まあそういうことももしかしたらあるのかもしれないけど、周りがどれだけ優しくても暖かくても、他人の言葉じゃ結局根底は救われない。自分である程度までは救い上げないと、他人が差し伸べてる手なんて見えないし、見えたとしてもクソ無価値に見えるから。私を救ってくれたのは演劇が好きな私だったし、小説が好きな私だったし、音楽が好きな私だった。私は演劇に、小説に、音楽に、恩返しがしたい。そのためならなんだってしたいと思える。

 

共同代表のいかちゃんはネガティヴだ。口を開けば暗いことばかり言う。死ぬね。が口癖だと思う。常にお金もない。こないだ残高がオーメンだよ〜、と言っていた。大学からの付き合いだがずっと彼氏もいないし、背も低いし顔はまあ可愛いはずなのに卑屈だからモテない。お腹が減ったら子どもみたいにお腹減った〜お腹減った〜ってずっとうるさいし、頭の中にいかちゃんを思い浮かべようとするとすっぴんジャージ姿で出てくる。女の子として幸せかといえば、そんなことないかもしれない。

 

だけど、いかちゃんはとにかく演劇が好きだ。

演劇のことならめちゃくちゃ頑張るし、好きになる男だって、え?その人が好きなの?その人が好きな演劇が好きなの?みたいな人ばかりだし、演劇が絡むと普段はねむいだるいめんどくさいばっかり言うくせにフットワークも軽い。

そして、好きな甲斐があって演劇の神様みたいなものがいたとすれば結構愛されてる。と思う。

 

きっといかちゃんも演劇に助けてもらったことがあるんだと思うし、今も助けてもらってるんだと思う。私も同じ。だから、何かをやり始めるなら一緒にやりたいな。と思った。

 

つらいことがあったから演劇が頑張れないなんて嘘で、つらいことがあった時こそ演劇は私たちを優しくさらにつらい目に合わせてくれる。悲しいことなんか忘れるくらい演劇はしんどくて、楽しい。

 

演劇を知らない人に見にきてほしい。演劇を知らなかった人が1人でもいいから、演劇の良さに気付いてくれたら、きっと少しだけど恩返しになるから。