高橋喜和子の日記

高橋喜和子(21歳ニート女優、それなりに健康)が楽しいことを書く日記です。

世の中には二種類の女児がいる。『顔が書いてあるTシャツ』を着られた女児と着られなかった女児だ。

 

小学校6年生くらいの時に『顔が書いてあるTシャツ』が流行った。

f:id:bookwoom0914:20170103191212j:image

こんな。ほんとは全然違うんだけど(イメージ)って感じ。確かハニーズに売っていた。懐かしいね。

 

クラスの女児が20人弱いるとしたら確実に10人は着ていた。学年の女児が80人いるとしたら40人は着ていた。

 

私は小学生の時点で可愛くない自分に半端ないコンプレックスがあった。自分は可愛くないのでは?という疑念はちょうど小学校6年生、周囲の児童が少しずつ番いの形を成し始めて確信に変わっていった。幼心にオシャレなブスは最悪では?と思っていたのだろう。私はとにかくオシャレに疎かった。というか疎いふりをしていた?いや。疎かった。疎くあろうとしていたのだ。シャカシャカしたジャージなどを着て、母が買ってくれたデニムの短いスカートなどはなんだか気恥ずかしくて着れなかった。

 

そんな感じでオシャレを忌避し続けたせいで自身の『装いたい欲求』がヤバいことになり中高ヤバいことになった話はとりあえず置いておいて。(ヤバいから)

 

とにかく私は流行っている服を同じように着たい自分を親にアピールできなかった。それ以前に他の女児並みに装いたいという気持ちがあるということがなんだか恥ずかしかった。卑屈な12歳だ。その時点で矯正されていればこんなことにならなかった。かわいそうに。

 

そして顔Tシャツブームは去った。

 

私はあの時顔Tシャツを着なかった事を今でも思い出す。着ていても何にもなかったのはわかるんだけど。顔Tシャツを着てる人しか出られない授業とかがあったわけでもないんだけど。でも、私は『着られなかった者』の業を背負い続けている(勝手に)

 

そしてきっとその反動なのだろう。なんだかんだあって自分の有り様を認められるようになった私は、とにかく流行り物には乗ろうとする。だって斜に構えるよりそっちの方が楽しいからね!!!

 

だけど乗れない時もある。世間が恋ダンスを踊っているとき、私の頭の中では顔の書いてあるTシャツを着た女児が笑っている。

 

逃げ恥、今から見ようか迷うな〜〜〜〜。